FC2ブログ
カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

映画・DVDの感想<逆立ちしたって勝てやしない>
映画の感想と紹介です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本映画「続・姿三四郎」
せっかくの対決シーンが…

姿三四郎」の続編。
世間に名を轟かせる柔道家となった、姿三四郎。
しかし、自分の活躍により、柔術が衰退してしまったことに、悩んでいた。
そんな中、彼の前に、かつてのライバルの兄弟である空手家が現れる。


古い作品なので、仕方のないことですが、フィルムの痛みが激しいのが、残念です。
しかも、大事な決闘の場面。

この映画で気に入ったのは、三四郎が檜垣源之助を、車で引いていくシーンです。
小夜と出会ってしまうのが、何とも言えず切なくて、良かったです。

かつての悪役が、全然違う姿で現れるのって、昔から好まれていたのですね。



続・姿三四郎<普及版> [DVD]続・姿三四郎<普及版> [DVD]
(2007/12/07)
大河内傳次郎;藤田進;月形龍之介;河野秋武

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「ミッドナイトイーグル」
勇敢なジャーナリストと、優秀な自衛隊員と、誠実な総理大臣がいれば…

日本アルプスに墜落した、米軍のステルス戦闘機―通称・ミッドナイトイーグル。
その戦闘機に積まれた”積み荷”を巡り、政府の緊張が高まっていく。
そして山には、ステルス墜落を偶然目撃した、戦場カメラマンがいた…。


雪山を舞台にした、シリアスな作品です。
国家規模の陰謀や、ジャーナリズムが問われる、難しい問題をはらんでいますが、どちらかというと、エンターテイメント性を優先しているようです。
それでも、つくりは誠実ですし、見応えがあります。

なによりも、登場人物たちに好感が持てます。
報道とか、政府とか、そういう大きな組織が出てくると、どうしても、主人公たちの足を引っ張る「嫌な人たち」が描かれます。
しかし、この映画にはそれが少ないのです。
観ていて、とても気持ちがよかったです。

もっと大味な作品になるのでは、と思いながら、観始めたのですが、とても面白かったです。
良い意味で、予想を裏切られました。


ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/04)
大沢たかお藤竜也

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

洋画「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐」
ヨーダがかわいい

壮大な宇宙戦争を描いた、シリーズ最終章。
若きジェダイの騎士、アナキン・スカイウォーカーの運命。


特にファンというわけでもないのですが、気がつくと6作品全て観ていました。
本作は、シリーズ最初の作品である、エピソード4へと続くストーリーになります。
これまで全部の作品を観ていれば、登場人物たちの運命は、ほとんどわかってしまうわけです。
そういう意味では、意外な展開は、いっさい望めません。
しかし、歴史のピースが一つ一つ埋まっていくのを観るのは、思っていた以上に楽しいものでした。
旧三部作を見た記憶が、おぼろになっていたのも、ちょうど良かったのかもしれません。

CGをフル活用した、SFの世界も、見応え抜群。
ラストのバトルシーンは、圧巻でした。

また旧三部作から見返してみたくなりました。
面白かったです。


スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]
(2005/11/23)
ヘイデン・クリステンセンユアン・マクレガー

商品詳細を見る

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

日本映画「銀色のシーズン」
モーグルが楽しい

スキー場で、結婚式を挙げるためにやって来た花嫁。
そんな彼女に、スキーの特訓を買って出た、元モーグル選手の物語。


登場人物が個性的で、楽しい映画です。
物語自体は、とてもオーソドックスですが、見せ場のモーグルが決まっていて、見応えがありました。

無理に誇張した演出がなければ、もっと良かったように思うのですが、あれは、流行なのでしょうか?
私がトシなのかもしれません…。
スキー場とか、億劫で、行く気がしないもんなあ…。
コタツで映画を観ているのが一番です。


銀色のシーズン スタンダード・エディション [DVD]銀色のシーズン スタンダード・エディション [DVD]
(2008/07/02)
瑛太田中麗奈

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「L change the WorLd」
ファンは観ておけば?

「デスノート」の主人公のライバル、「L」の物語。
ウィルス兵器を巡る、「L」の戦いの行方は―。


注意点として、この映画は、「DEATH NOTE デスノート」のネタバレをしているので、観る順に、ご注意ください。

凝った頭脳戦が楽しかった、「デスノート」に比べ、より娯楽性を重視した作品に仕上がっています。
「ウィルスもの」という符号と、「デスノート」の看板に期待してしまうと、肩すかしを食らうかもしれません。

この映画は、「L」のファンが楽しめれば、それで良いのだと思います。


L change the WorLd [通常版] [DVD]L change the WorLd [通常版] [DVD]
(2008/06/25)
松山ケンイチ工藤夕貴

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「パッチギ ! 」
時代は変わっても…

京都の高校に通う、男子高生。
学校が、朝鮮学校と対立を深める中、彼は朝鮮学校へ通う女子高生に想いを寄せていく。


在日朝鮮人の問題に、正面から向き合った作品です。
朝鮮半島の歴史や、日本での朝鮮人に対する扱いなど、知らないでいたことも多く、驚かされました。
人気の若い俳優さんも多数主演されていたので、軽い気持ちで観始めましたが、とても骨太な内容でした。

バスをひっくり返した、冒頭のシーンの頃は、派手な映画だなあ~くらいに思っていたんですけれどね~。
歌のシーンには泣かされました。


パッチギ ! スタンダード・エディション [DVD]パッチギ ! スタンダード・エディション [DVD]
(2005/07/29)
塩谷瞬高岡蒼佑

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「姿三四郎」
まさに王道。

明治時代、新興の柔道と出会った、姿三四郎。
柔道と柔術の対立に巻き込まれながらも、成長していく姿を描く。


制作されたのは戦時中という、とても古い作品です。
そのため、製作者の意図しないカット部分が存在し、説明文で物語が飛んでしまうという、悲しい事情があります。
しかし、その点を差し引いても、充分に楽しい娯楽映画です。

ライバルとの因縁や、主人公が苦悩の末に答えを見つける演出など、こんな昔から完成していたのですね。
アクションで、動き回る志村喬さんというのも、新鮮で驚きました。


姿三四郎<普及版> [DVD]姿三四郎<普及版> [DVD]
(2007/12/07)
大河内傳次郎;藤田進;河野秋武;清川荘司

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

洋画「ダイ・ハード4.0」
引きずり出された不運なヒーロー

FBIへの不正アクセスを調査するため、ハッカーの元へ向かった、ベテラン現場捜査官。
最初は、いたずらのようにも見えた、この事件は、やがて全米を巻き込む大事件へと発展する―


デジタルVSアナログという、わかりやすい構図。
リアリティよりも娯楽性を優先させた、迫力満点のアクション。
ネットワーク社会の仕組みを利用した、ハイテク犯罪。
たくさんの要素が詰め込まれた、大作映画です。

十分に楽しい作品です。
しかし、「ダイ・ハード」を名乗ってしまった以上、比較の対象は映画史に残る傑作アクション映画となります。

「たぶん第一作を超えることはないだろうけれど」と、おそるおそる観始めるのがよいでしょう。
そして、もう見ることは出来ないはずだった、「不運な男」の勇士を再び見ることが出来た、そのことだけを喜びましょう。
だって、この作品は、正統な「4」ではなくて、「4.0」なのですから。


ダイ・ハード4.0 [DVD]ダイ・ハード4.0 [DVD]
(2008/10/16)
ブルース・ウィリスジャスティン・ロング

商品詳細を見る

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

日本映画「犯人に告ぐ」
タイトルのセリフを言う場面がかっこいい!

誘拐事件で子供を死なせてしまい、左遷された刑事。
6年後、幼児を対象にした連続殺人事件が発生し、再び特別捜査官に抜擢されます。
本部の意向で、TV出演することになった彼は、自らの判断で、犯人に向かってメッセージを投げかけます―


刑事ものの映画です。
犯罪同様に嫌な気分にさせられるのが、警察内の派閥争いや、嫌がらせです。
小説などでも見かけるシーンですし、ある程度は本当なのかもしれませんが、見ていて気持ちのいいものではありませんねー。

しかし、それを跳ね返すだけの魅力が、主人公にあります。
彼の苦悩や、心の変化を楽しむことが出来るかどうかが、この映画のポイントでしょう。

ラスト間際の、主人公から犯人へのメッセージは、一見の価値ありです。



犯人に告ぐ [DVD]犯人に告ぐ [DVD]
(2008/03/21)
豊川悦司

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「イン・ザ・プール」
いい意味で「がび~ん」

原作・奥田英朗の小説。
精神病患者たちと、いい加減な精神科医のやりとりを描いた、コメディ。


原作も傑作ですが、映画まで面白いという、珍しい好例です。
まさか、こんなに笑わせてくれるとは。
松尾スズキさんや市川実和子さんなど、出演者の方々が、本当にいい味を出しています。

特に、あのオダギリジョーさんが、あんな演技をするとは…!
「メゾン・ド・ヒミコ」のゲイ役といい、いろいろな役を演じていますね~。
びっくりです。

本気で悩んでいる方には申し訳ないのですが、コミカルな内容に笑いが絶えませんでした。
どうしても偏見を持ってしまう精神病。
あまり構えず、笑い飛ばすくらいの方が良いのかもしれません。
(もっとも、自分がお世話になる時は、伊良部先生にはかかりたくありませんが)

笑いたい時にお薦めの映画です。
いい映画に出会えて、嬉しいです。

イン・ザ・プール [DVD]イン・ザ・プール [DVD]
(2005/10/19)
松尾スズキオダギリジョー

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「四日間の奇蹟」
奇蹟大放出!

自分の手を犠牲にして、少女の命を救ったピアニスト。
少女は障害を持つものの、天才的な音楽の才能を持っていました。
二人は、コンサートのため、障害者の療養所に呼ばれます。
彼らを呼んだのは、ピアニストの高校時代の後輩。
そこで待っていたのは…。


不思議な出来事がきっかけで、登場人物たちが心の中に抱えていたものを解消していく―
というタイプの物語です。
演技者は実力揃いで、落ち着いた演出も決まっています。

しかし私は、残念ながら楽しむことが出来ませんでした。
価値観が違いすぎるのでしょうか。
主人公たちの、行動や発想に共感が持てず、落としどころも納得できませんでした。

あれなら、ラストは美しいクラシックではなくて、喜劇調のミュージカル(または突然タップダンスが始まるとか)の方が良かったのではないでしょうか。


四日間の奇蹟 [DVD]四日間の奇蹟 [DVD]
(2005/11/21)
吉岡秀隆石田ゆり子

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

日本映画「戦国自衛隊」
フンドシ・サニー千葉

突然、戦国時代へタイムスリップしてしまった、自衛隊の一部隊。
彼らの前に現れたのは、長尾景虎―のちの上杉謙信。
戦車やヘリを有する彼らを、戦国時代の大名たちが無視するはずもありません。
望む、望まないにかかわらず、戦いに巻き込まれていくのでした…。


突拍子もない設定のSF映画です。
戦車があったら、戦国時代を戦い抜けるのか?というお話ですね。
相当な重火器がないと、歩兵部隊にはどうにもならない、強力な戦車ですが、
相手は戦いを知り抜いた、戦国武将。
この異種格闘技に興味が沸いた方は、見て損はないと思います。

人間ドラマも、きっちり生々しく描かれています。
千葉真一さんも、フンドシ姿で、男臭さ満点の作品です。


戦国自衛隊 [DVD]戦国自衛隊 [DVD]
(2006/10/20)
千葉真一夏八木勲

商品詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。