カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

映画・DVDの感想<逆立ちしたって勝てやしない>
映画の感想と紹介です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本映画「ベクシル-2077日本鎖国-」
声優が致命的

舞台は未来、2077年。
ロボット産業を掌握した日本は、国際社会で孤立し完全鎖国政策を実施します。
それから10年が経った2077年。
アメリカ特殊部隊のは、一切の情報が遮断された日本への潜入を命じられます…。


非常に凝った、CGアニメーション映画です。
設定が面白く、物語に惹き込まれました。

問題点は声優陣。
あれだけのCG作品をつくるのには相当なお金が必要でしょう。
結果、制作にあたって様々な利害が絡んでしまうのかなあ、と邪推してしまいます。
話題作りのために、有名な俳優さんを使うのも分かるのですが…。
声優の技量が足りず、興ざめしてしまうシーンが多々ありました。
良くできた作品だっただけに残念です。

声優さんについて詳しいことはわかりませんが、やはりプロに任せるべきではないでしょうか。


「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版 [DVD]「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版 [DVD]
(2008/01/25)
谷原章介黒木メイサ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moviegodzilla.blog121.fc2.com/tb.php/211-d9a84a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。