カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

映画・DVDの感想<逆立ちしたって勝てやしない>
映画の感想と紹介です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋画「天使と悪魔」
後半の展開は圧巻

新しい教皇が選出されるコンクラーベの最中、候補の枢機卿4名が誘拐されるという事件が発生します。
更に犯人は、研究所から盗み出した反物質をバチカンで爆破させると予告。
協力を要請されたラングドン教授は、犯人の残したメッセージから、事件の追跡を開始します。


前作「ダ・ヴィンチ・コード」同様、キリスト教の基礎知識が無いと、展開についていくので精一杯となります。
そんな状態で、主人公たちがバチカンを駆けずり回るのを見るのは少々退屈でした。
それでも、後半は映像的にも目を見張るものがあり、展開も面白かったです。


天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/04/28)
ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moviegodzilla.blog121.fc2.com/tb.php/258-6ebfb2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。